秋桜模様

akizakura6.exblog.jp
ブログトップ

最近の子供たち

すっかり書かないうちに子供たちは二人とも幼稚園に行ってます。

兄のコウは先月で6歳になりました。
なんとか年長さんになり有意義な一年を過ごしております。
幼稚園って年長さんのもんだとは聞いてましたが。
見る親からすると…
自分の事はたいがい自分で出来、ある程度詰まった予定でもこなしていき、元気にほとんど休まず行くくらい体力がついている。
そういう意味で年長さんがメイン、という意味で先輩お母さん方は言われてたんだなと今になってわかります。

年少で通うのが精いっぱいだったコウも自分で支度をし友達と元気に通うようになりました。
相変わらず友達とは遊ぶのが激しく(というか私の目から見るとコウはいじめられているように見える)気が気ではありません。
それでも男の子たるもの元気に取っ組み合ったりぶつかりあったりして友情を育むものだと信じて任せています。
 ※ この辺りはいろんな思いがあるのでまたゆっくり ※

来週は幼稚園最後の運動会。
鼓笛隊、リレー、かけっこ、おゆうぎ、組体操と日々練習を重ねております。
今思うと年少の頃もおゆうぎは大好きで覚えるのも得意でした。
なので親から離れるという難関をクリアすれば楽しくて仕方がない感じでした。
もちろん年中でもそして今回の年長もしっかり覚えて家でもやってくれています。
あとは本番。
元気で参加できるよう祈ります。


そして妹のR。
3歳になったので9月から年少の下のクラス年々少の『ひよこ組』さんに通っています。
トイレもままならぬちびちゃんですが口は達者な女の子。
兄について私と毎日幼稚園の送り迎えをしていましたがなぜか自分も入ってるじゃん!w
説明して聞いてくれる性格ではないので自然な流れで気が付いたら通ってた!って感じで入園。
それでも一度も泣きません。
兄がいるってこともあるけどやっぱり女の子って環境に順応するのが早いんじゃないかなぁ。
今のところ楽しんでいるようで苦情は出ていません。
しかし帰りには相当疲れていて眠いのもあり大概泣いていますw
抱っこ~、だし。
でもそれは普通ならまだまだ母さんと一緒に好きなように生活していてもいい年齢なのに幼稚園に行って社会へ出てるんだからヨシとしています。


なぜ通わせることにしたかというと。
幼稚園のアルバム委員という役を私が引き受けることになったから。
卒園アルバムを作成するのが仕事(そのままですw)
膨大な量の写真を選りすぐりレイアウトを考え印刷に出す。
写真以外の文集の構成を考え子供や先生に発注し印刷に出す。
これを一年かけてやります。
とても3歳の子を連れて出来るものじゃないんですわ。
幸い『ひよこ組』の先生もコウを見てもらった信頼のおける先生だったというのもありました。
また役員だと幼稚園に行く機会が増えるので子供の様子も見れるし。
コウなんて年長になった初めて「そうやって過ごしてたんだ」と知ったこともいっぱい。
やってみるもんですな、何事も。


その他で言うと。
コウのこどもの歯が抜け始めた。
コロなし自転車に乗れるようになった。
壁にむけて逆立ちができるようになった。
スイミングでクロールができるようになった。

Rはうがいができるようになった。
トイレトレーニングに前向きになった。
お着替えが少しずつ完成してきた。

そんな感じかなぁ。
やっと「少し楽になったよ」と言えるようになりました。
まだまだ大変な事は多いけど少しずつかな。
これからもかあちゃんは元気で二人を見守るよ!
[PR]
by akizakura666 | 2011-10-04 10:46 | 子供の子育て