秋桜模様

akizakura6.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:子供の子育て( 196 )

連休終了

やっと連休が終わった。
子供とダンナは残念そう、私だけ安堵の顔。

ひろしま菓子博の感想は。。。すごい人でしたw
久々にこんなに混んでる所へ出掛けたよ。
本来混んでる場所へは近寄らないし、連休ものんびりしたいタイプなのだ。
でもチケットもらったし行かない訳にいかないよね。。。
博覧会ってのに行った経験がないので実はお初でした。

いや~、おそるべし博覧会w
開場時間ちょうどに着いてももう並んでる。
入るだけで長蛇よ、おいおい。
その時点でパビリオンが並ぶの制限されてて並べなくなってるし!!
しばらく別の所見て戻っても3時間待ちとか。
結局子供が遊ぶコーナーに2時間居て帰りました。
全然お菓子関係ないじゃん!
でも子供ってそれでもイイらしい。
R「お菓子博、楽しかったよね」
まぁそれならよかった。


後半のメインは『国営備北丘陵公園』
子供の日で子供は無料の日。
予想通り混雑してたけどお菓子博で見慣れたからかさほど多さを感じない。。
広いしね(東京ドーム80個分)
何度も来てるのに行った事ない場所がまだまだたくさんあります。
今回はコウも小2になったのでアスレチックコースにチャレンジ!
まだ少し難しいのもあったけど楽しんでやってました。
こういうので遊んで筋力をつけるっていうのが理想的だよなぁ。

Rはまだ出来ないので普通に遊具で遊びました。
それでも去年出来なかったのが出来たり成長を感じられました。

夏休みにはじゃぶじゃぶ池もバーベキューも楽しめるよう泊まりでゆっくり来ようと計画しています。
なんだか子供のように私がワクワクしていますw


ちょっと別の話。
今年は学校の役員になりました。
広報委員という学校新聞を作る委員です。
基本的に保護者や地域の方の活動を広く紹介するというのがメインの新聞です。
初めての学校役員、かなり立候補は緊張したけどママ友と一緒になれたのでヤル気アップ!
一年がんばるぞ。
[PR]
by akizakura666 | 2013-05-07 09:30 | 子供の子育て

プリキュアショー

秋桜家の子供たち、無事進級いたしましたo^-^o
コウくんは小学2年生、Rさんは年中さんに。

初めての進級で私もコウも緊張でしたが1年生と同じ女性の先生!
よかった、ホントによかった。
いいイメージで2年生をスタートできました。

Rは年々少(年少の下)で受け持っていただいたベテランの先生再び!
こちらもよかった、ホントによかった。

そしてGW。
イオンモールでやってるプリキュアショーに行ってきました。
無料イベントだしプリキュアだしで鈴なりの人です。
お約束の悪役が最初に出てきておどかします。
じゃないとプリキュアが出てこれません(笑)
Rさん、びびって「帰りたい」って言い出しました。
でも頑張って見続ける。
するとプリキュア出たーーー!
テンションアーップ!
負けそうになれば応援し、盛り上げるところは一緒に声をかけて楽しんで、最後にみんなで踊ろうのコーナーが。
プリキュアの放送では最後に歌が流れメンバーが踊るのがお決まりです。
そしたらなんとみんな立ち上がって踊る踊るw
全然知らない子らもRと同じように放送を見て踊ってるんだろうなと思うと軽く感動しちゃいました。
発表会は練習してこれをやってねと言われて踊ってるんだけど、自分で好きで覚えて踊ってるというのに感動です。
みんななりきってる顔がまた微笑ましいしね^m^
いい思い出になりました。


明日は『ひろしま菓子博』へ行く予定です。
連日ものすごい人人人・・・ヘトヘトになりそやな。。。。
親はゴールデンなんだかどうなんだか、微妙なお休みです。
[PR]
by akizakura666 | 2013-04-28 17:09 | 子供の子育て

続・そこに居るという事

その後コウはなんとか熱が上がらなくなり、同級生の友達と一緒に登校しています。
元気よくとはいかないまでも。。。
でもよく考えたら朝から元気いっぱいに「行ってきまーす」って出かける息子を強要してはいけないのでした。
朝はテンション低いのが当たり前、ぐらいに思って。
送り出す私はいつも変わらず普通に「行ってらっしゃーい」を続ける事にしました。

そんな先週金曜日。
学校の音楽鑑賞会というのが開催されました。
子供たちに人気の〇〇っていう男性(一応名前は伏せる)がやってきたそうな。
コウは早くからわくわくしていて「金曜日が楽しみじゃ~♪」と言っていました。
当日の朝、いつもよりちょっぴりだけテンション高く「行ってきます」と出かけていきました。

帰宅後「どうだった?」と聞く前に「すごい面白かった~。何とかかんとか・・・・」
聞かない事までべらべらしゃべりだしたw
相当楽しかったみたい。
すると夕方担任の先生から電話が。
先生「いつも朝の健康観察で『調子悪いです』とか『あまり元気ではないです』みたいな感じだったのが今日は久しぶりに『元気です』って!先生も喜んでたよと伝えてください」
私もコウが元気だと言った事は嬉しかったけど、それを伝えて下さった先生にも感謝!!
見守ってくれる人がいるというのはありがたいことです。

私が小さい頃、自営業だったため私は知らない大人が私を知っていて、たくさんの人に
「秋桜ちゃん、大きくなったね」
「お父さんにそっくりじゃね」
「秋桜ちゃん、こんにちは」
とやたら声をかけられてちょっとイヤだった。
父親に似ていると笑われているのもイヤだった。
みんなが私を見張っている気がした。

そんな私も子育てをさせてもらえるようになり、初めてその幸せを理解することができた。
大勢の人が私の成長を見守ってくれていたんだ。
コウやRの成長を温かく見守ってくれて、共に喜び共に支えてくださっている方たちに本当に感謝感謝です。
小さい頃自分が思っていた事を今の子供たちも思っているかもしれない。
だから必要以上には声をかけない。
そっと見守るだけでもたぶん充分なんだ。

さぁ今日も母ちゃんは頑張るよ!
年末までダッシュぢゃ。
[PR]
by akizakura666 | 2012-12-03 10:40 | 子供の子育て

そこに居るという事

10月末頃、コウが学校から帰って玄関で泣きだした。
「足を打った」と言っているけどそれにしては泣きじゃくっているのでおかしい。。。

どうやら下校中、横断歩道を渡っていると上級生からちょっかい出されたらしい。
同級生と二人で帰っていて、信号が赤に変わりそうなのにちょっと無理して渡ろうとして上級生から「先生に言いつける」的な事を言われたそうな。
まったくくだらん状況だ↓↓↓
詳しく聞くと、言われただけでなく肩をつかまれたとかどうとか。

翌日から登校時に微熱を出すようになりました。
幼稚園でも「行きたくない」とは言わずにしくしく泣きながら訴えていたコウ。
小学校でもついに「行きたくない」状況に。
最初は風邪かと思ったので休ませていたけれど昼には熱が下がるので念のため病院で検査をしました。
炎症反応がないので風邪ではなさそう。
風邪の症状もなかったし、これは心の病だと。

私も精神的に弱い方だけど心の病で熱が出るなんて知らなかった。
『心因性発熱』というのだそうだ。
いじめを受けてる子供とかもなるケースがあるらしい。

父さんと話し合った結果、朝は少ししんどいけど1、2時間だけでも頑張って学校へ行くようにしてみようという事に。
ここで逃げてはこれからが心配だ。
38度出してる日は車で校門まで送っていったりもした。
担任に相談したけどあまり効果がなくどうしたものかと。。。。

そして今週から私が一緒に登校し始めました。
Rも幼稚園行かなくちゃいけないから父さんにも協力してもらいながらなんとかこなしました。
偶然『学校へ行こう週間』だったのである程度私が居る事も違和感なくて。
いや、それでも誰も一緒になんて行ってないから浮いてたな。

しかしこれがなんと効果絶大!
火曜日辺りから熱が出なくなり金曜日の今日はかなり余裕を持って行けるようになりました。
一年生が10人くらいの大群になって最終的には私が先生状態(汗
大騒ぎで登校しました。
なるべく自然に明るく「学校は楽しいぞ」な雰囲気を出そうとしたらやりすぎました。
そろそろ大丈夫かなと思っています。


そんな毎日を過ごしていて思ったのは、一年生って(もちろん他の学年も)頑張ってるんだなということ。
親から離れて楽しく新しい生活を楽しんでいるかと思いきや、みんなストレスを抱えて無理しながら頑張ってるんだなと思いました。
幸い今までコウの周りに居た上級生はみな優しく楽しい子ばかりで、これまで威圧的な事をされた事がない。
私が一緒の場合はそんな子がいたらその場所から去ったりいろいろ手を打てたんだよね。
免疫がなかったねw
だから一度で心が折れてしまった。
それでも同じクラスの子や先生とのトラブルじゃないだけまだ傷は浅いはず。
今後もっともっと辛いこともあるだろうし。
だからこそ今逃げて欲しくなかった。
まだ解決してはいないけど乗り越えて欲しいです。

私も勉強になっています。
そこに居るというだけで力になれる母という立場、これはすごい事だなと改めて思います。
Rも私をかなり慕ってくれていて、コウとは違う感じだけど私が居るという事がまだまだ大事な様子。
子供にとって親は(特に母親は)支えなんだなと強く思いました。
元気で頑張んなきゃね。
[PR]
by akizakura666 | 2012-11-16 18:00 | 子供の子育て

CHILD AID

先週の土曜日、Rの幼稚園年少の運動会がありました。
年少なのに運動会は2回目。
なぜって年々少というもう一つ小さいクラスから入っていたから。
入園して1か月で運動会に参加したR。
コウじゃ考えられなかった事よw
女ってすごいっすw
その年々少のクラスは毎年女子が多いのもうなずける。
母親から離れられる、とか、社会へ出ていくっていうのは女の方が出来ちゃうんだね。
逆に言うと離れられない男の子ってかわいいもんだ。
育ててる最中はこんな余裕なコメント言えませんw
「早く幼稚園行ってくれ~」でした。

今年は一年通園して、恥ずかしい気持ちとかも出てきちゃって、逆に去年よりやんないか?と予想しておりました。
負けず嫌いの性格もありスネて「かけっこ走らない!」なんて言い出しゃしないかと。。。
そしたらお遊戯もバリバリ踊ってるし、かけっこも本気モードの顔!
順位は4人中3位でも思いっきり走った事がエライんだよ♪
午前中で終了の去年とは違い今年は午後も少し出番があります。
そこまで体力ももって成長を感じる運動会になりました。

ついでに。。。
小学生のかけっこでは例年以上に1年生が参加していてw
コウももちろん出走。
彼も本気でやんないんじゃ?と思いきや全力出してました。
二人ともよくがんばった!!


そんな運動会が終わり、少し休憩な今週。
毎年児童虐待防止の目的で行われている『CHILD AID』というイベントに閣下が出演されると耳にしました。
児童虐待のニュースが連日流れ、聞いているだけでも胸が苦しくなります。
自分が子育て真っ最中だからこそ思う事があって。

何事もそうだとは思うけど、やってみなきゃわからない苦しさが子育てにも隠れています。
赤ちゃんの頃だと『眠れない』。
お母さんになると熟睡が出来ない。
今でも子供が病気になれば眠れません。
常に睡眠不足。
これはキツイ。
そりゃ凶悪にもなります。

少し大きくなると『自由がきかない』。
トイレ一つ一人で行かせてもらえなかったり、一人なら数分で済む用事なのに連れて行かないといけない。
パチンコする時間を待てとは言わないけど2、3分なら待てない?
チャイルドシート乗せたり降ろしたりが大きくなってくると手こずるのよ。
雨なんか降ったら最悪だ。
優雅に笑顔で24時間子供と一緒に楽しく過ごしましょう、って自分の中で理想を持っちゃうとそれが自分の首をしめる。
じゃあもう家が散らかっても服が汚れても気にするな!って開き直ると旦那や親が口出してきたりね。
挙句にはお母さん同士で非難しあってつぶしあってたり。

この経験者のはずのお母さんが意外に曲者です。
時には心強い助っ人だけど、すっかり忘れて敵になっちゃってる事があるから怖い。
「うるさい!」みたいなね。
男の子が集まって静かにしてるなんてありえんよ、普通。
多少は大目に見てもらえませんか?。。。ってね。
自分はそうならないように気をつけねばと思います。
自分がお祖母ちゃんになるまでねw

仕事と両立するママだと会社もまだまだ理解を得るには難しいんじゃないかな?
お父さんが子育てを理由に休むっていうのも難しいだろうし。
子供のいない人に子育ての事を考えろっていうのは本当に難しい。

今年の夏に何年ぶりかで旦那の会社(私も元職場)のイベントに参加しました。
宮島をクルージングしたのだけどそこで上司のお子さんや同僚の子供たちと私も初めて接してすごく楽しかった♪
そして子供のいない人やもう大きくなって離れて生活している人なんかもウチの子たちを可愛がってくれてすごくありがたかったです。
そうやって実際に接してみると可愛いらしさも伝わり、難しさも理解してもらえるのかな?と思います。


これからも少しでも自分に出来ることを見つけ、自分も無理せず楽しもうと思います。
[PR]
by akizakura666 | 2012-10-16 12:00 | 子供の子育て

夏休み前半

いや~、暑い。
いつまでも寒い夏だからどうなるかと思いきや、やっぱり暑くなりました。
危険を感じるくらい暑いので子供も親も警戒しながら夏を楽しまねば。

まずは。
卒園アルバムが晴れて完成いたしました。
7月の話ですが(汗
これが皆さんから『かわいい』と喜びの声をたくさんいただける物に仕上がりまして・・・本当に頑張ってよかった。
細かいこだわりをどこまで追求するかがポイントだったのですが、最後まで委員同士でもめることなく仲良く終われました。
本当に仲間に恵まれたわ♪
結婚披露宴の際に「私は友達に恵まれている」と宣言しましたが(←どんな宣言だ?!)これはあれから十数年、変わらずです。

ママ友というのは本当に難しい間柄です。
ともすればものすごく合わない人とも一緒にいなければならなかったり、苦痛を感じながらも笑顔を作らなければならなかったり。
どこの世界でもそういうのはあるけど、ママ友というのは子供を介しているだけに難しい。
そんな中、『集まるのが楽しみ』で一年半過ごせたのは幸せな事です。


先日、幼稚園の夏祭りもありました。
これも役員サポートという係りになったので今回初仕事。
保護者会長さんも20代だし、かなり年下の上司に叱られるなんてことにならなきゃいいなとひやひやしておりました。
去年の役員メンバーに友達がいて怖い話を聞かされていたので余計にびくびくして。
そしたらこれまたイイ方で!
初めて話す方がほとんどだったけど皆さん輪を大事にされる方で和やかな雰囲気の中仕事を終えられたし、忙しい時も荒れる事無く乗り切れました。
この場だけでもそうやって笑顔で力を合わせられるというのがとっても大事だと思うんです。
子供が卒園してしまえば全然会わなくなるし、あんなに仲良しでもあっさりお別れなんだと思うこともしばしば。
その一時を大切に、いかに楽しく過ごせるか。
そんな毎日を過ごしております。


夏休み前半は結構飛ばしてました。
一年生で初めての夏休み。
宿題はどれだけ出るのか?
一日どうやって過ごすか?
工作ってどんなの作ればいいの?
プールって毎日行くの?
などなど。。。不安がありました、私が(笑)
その緊張感が悪く出たようで始まって2週間で母ちゃんキレちゃいました。
宿題は少な目だったのでホッとしつつ、後半バタつかないよう計画的にと取り組んでました。
チャレンジ一年生もやっているのでそれも夏休み用にちょこっと追加したりして。
(コウが自分から志願)
しかし毎日勉強の時間は忘れてるし、朝顔の水やりはやらんし、せっかくやりだした勉強も丸つけで付き合ってると眠くなったり。
わかりやすく話そうとしてるのに私が話し始めると彼は眠くなるらしい。
とどめに父さんが「話が長いけーよ」と。

それならどうぞお任せします。
その日から父さんが全部見ています。
それがうまくいってるみたいで、まぁそれならそれでいいし。
たぶん私の力が入り過ぎているのがいけなかったのでしょう。
一年生で時間通りにちゃんと毎日できるかっていえばできないんだろうしね。
それでも父さんが見始めてからコウ自身もちゃんとやらねばと思うからか、毎日やってるみたいだし。
・・・これまでを完全否定された気がしてどうにも悔しい。
でもね、否定なんか誰もしてないんだよね。
ここまでコウが頑張ってきたのも、私が頑張って応援してきたのも無駄にはなってない。
ただ今になって歩幅が合ってないだけ。

小学生ママの先輩からも「そりゃ無理よ。コウくん頑張っとるじゃん。大丈夫よ」と。
ママ同士だと説得力あるのよねぇ。
今までの自分を認められた気がするし、自分自身も自分を肯定できるというか。
これからも自分を信じて前に進みます。


オリンピックも楽しい。
頑張ってる人を応援するのって楽しい。
一緒に熱くなったり涙したり。
上り調子の選手の輝かしい未来をうらやましく思って応援したり、限界まで頑張ってるベテラン選手に自分を重ねて「私も頑張らねば」と力をもらったり。
終わりまで目が離せませんv^-^v


夏休み後半は里帰りが楽しみです。
がん検診も今年はいっぱい受けるのでそれが怖いけど。。。なんといっても閣下が広島県のがん検診キャンペーンキャラクターですから。
元気で長生きせねばね!!
[PR]
by akizakura666 | 2012-08-07 10:13 | 子供の子育て

図書ボランティア

先日、小学校の図書ボランティアの募集がありました。
実は前々から興味があったんです。
公民館の図書室の本の整理とか募集は毎年あったのだけどどうも都合の悪い曜日で参加できずじまい。
そんな今年、ついにやってきたチャンス。
誰かを誘おうと思ったけど・・・『読み聞かせなど』と書いてあったのに私も戸惑う。
誘うのに自分が危ういってどうよ??ってね。

でも今年のテーマ、ってか私の人生のテーマ。
『迷ったらGO!』
やりたい気持ちとやらずにスルーする気持ちが迷ってる時はとりあえずやっとけ!って意味。
私が迷ってる時ってのは背中を押して欲しい時というのが最近わかってきたのでw
その理屈で今年は幼稚園のサポート(役員より軽い役割で、一年やると翌年役員抽選は免除)にも立候補した。
そしたらRの一番の仲良しの女の子のお母さんも立候補、楽しくなりそうです。

それはさておき、図書ボランティア(汗
今日その第一回目の集まりがありました。
中学校で司書をされている方がいろいろ教えて下さるのを拝聴するのと、その方が2年生にストーリーテリングをされるのを子供と一緒に体験、というのが今回の内容でした。
誰も知らない会合へ行く前はやっぱり緊張しますな(汗
そして図書室へ入ると。。。なんと!初参加は私だけ。
他5人が2年目の方、ベテランさんが2人の計8人。
さっそく『読み聞かせ』のやり方について説明された。
こりゃやりたくないとは言えない状況です。
いちおう書いたのよ、「自分の子供以外には読んだことないから他に出来る方がいらっしゃったらそちらにしてください」って。
でも却下されたらしいw
実際、未就園児のサークルで2、3人相手に読んだ事ぐらいしかないんだよね。
しかもわが子も入れてだよ。
でもね、それが結構楽しかったんだよね。
ウチの子たちも読み聞かせ大好きで、よく読んでます。
そんな時楽しんでくれてるのを見るとやりがいを感じてみたり・・・

というわけで1年生(コウがいるw)からならやってみちゃおっかなと思うんです。
司書の方も「別に特別な能力はいりません。失敗してもそのまま行けば大丈夫」とにこやかに言われてたし、ベテランのお母さんも「わが子に読んでればあとは人数が増えるだけだから大丈夫」って。
「子供たちが本に入り込んでその場が一体となってる感覚がクセになるんです」とも。
ふむふむ。
それから選書。
これが大事なんだね。
今からそれを勉強してあとは練習あるのみ。

コウに話すと
「え?お母ちゃん、本読みに来るん?わーい」
となんだかうれしそう。
それも背中を押してくれてます。
楽しんでできるといいのだけれど。。。まだまだ不安がいっぱいです。
[PR]
by akizakura666 | 2012-05-29 22:17 | 子供の子育て

習性?

最近父ちゃんとコウがWiiパーティをよくやっています。
私も時々参戦。
なかなか楽しいです。
でも私がゲームをし始めたら家事が止まります。
なので時々にとどめておきますw

そんな時Rはどうしているかというと、もっぱら観戦。
やってやれない事はないのにどうやら負けたり失敗したりするのがイヤな年頃。
コウもそうだったけどこの時期そういうもんらしく、じゃんけんで負けるのさえイヤで負けたら泣いたりぐずりだすので面倒くさい。
すごろくやトランプ、かるたをやってもとにかく負けるとうるさいので段々私もイライラしだして
「もう!!あんたら負けたら怒ったり泣いたりするけもうやらん!!!」
Rに影響を受けてかコウまで泣いたりするもんだからキレるっつーの。

ってな訳で観戦係りのRさん。
あーだこーだ言いつつ観てるけどしっかり応援はします。
「お兄ちゃんガンバレ~!」「お父ちゃんガンバレ~!」
どちらかが負けると
「大丈夫。また頑張ればいいよ」
となぐさめたりします。
母「わかってんじゃん!!」とツッコミたくもなります。
それは置いといて。。。

面白いのはとにかく勝った方に取り入ろうとするのです(笑)
例えばコウが勝てば「お兄ちゃ~ん」と抱きついて、次の勝負で父ちゃんが勝てばコロッと変わり「お父ちゃん、すごいわね~」ってな具合。
さすがに全員あきれてます。
でもこれも女の習性なのかなと思ったり。
歴史的には強い男に守ってもらえるのが女にとっては一番の幸せなのだから。
DNAに刻まれてるのか?!
はたまた、ただのお調子者の性格か?!

おもろい3才児でございやす。
[PR]
by akizakura666 | 2012-05-21 12:24 | 子供の子育て

気づいたこと

コウが小学校に入り驚いたのは、出席順が男女混合なこと。
あいうえお順で男女が混ざってる。
え?それでいん?
全員で23名しかいないから混ざってても大してどうってこたないけどスゴイ不思議。
幼稚園が混ざってるのならなんとなく理解できるけど。。。まぁ理由はあるんだろうね。

幼稚園が結構丁寧に連絡してくれたり、1か月に一回は様子を見る参観日やら何かがあったから小学校はほとんど状況が見えず。
頼りは子供の報告のみ。
まぁ根ほり葉ほり聞くのも何なんで、母さん同士でどうだこうだ話して「おそらくこうだろう」的な結果をいつも導いてます。
でも母さん同士もだんだん疎遠になってきて本当にわかんなくなるんだろうな。

それでも学校側から入学当初から口をすっぱくして
「子供の話を聞いてやってください」
と言われています。
わかっとるわい!ってくらいw
コウは思ったより友達を作るのが早く、幼稚園時代からの仲良しの子に加え保育園組の男の子はほとんど話していて、さらに女の子ともちらほら話はしている様子。
なかなかやるじゃないか。
そこで出てくる名前の子はすらすら私も覚えていく。
なのに~なぜ~???
Rのクラスの子の名前はちっとも覚えられない。

私の出した結論。
一人目は自然と『肩に力が入る』、二人目は自然と『手を抜いてしまう』ものだと。
だから気にして逆にしていかないといけないね。
一人目のコウには気にして『力を抜く』ように、Rは『放っておきすぎない』ように。




5月16日に待望の閣下のニューアルバム発売♪
堪能しております。
ライブは行けそうにないのでお家で楽しみますです。
行きたかったけど。。。無念ぢゃ
[PR]
by akizakura666 | 2012-05-18 22:12 | 子供の子育て

小学生と幼稚園児

すっかりゴールデンウィークも終わり・・・・・風邪ひいた。。。
でも一日で熱も下がり今は元気です。
去年のゴールデンウイークは最中に私が風邪ひいて、さらに病院行って出された薬が合わず薬疹が出て、その上お腹を下し。。。悪夢だ。
その後5月中旬辺りまで謎の肩こりに悩まされた。
6月に入って何もしてないのに急に治ったんだよねぇ。
きっと何かが憑りついていたに違いないw

ってなわけで今年はコウも小学生、Rは正式に入園して年少さんです。
結局心配なのはコウの方。
私も小学生ママは初めてなわけで、入学前から私の方が緊張していたかも??
入学式なんて自分のは全く覚えてないし、なーんとなく一年生の教室がぼんやり記憶の隅にある程度。
そんなもんになるんだろうね、コウも。
彼の様子はと言うと、最初は恒例の緊張顔してたけど(汗)なんせはす向かいに同級生が居るもんだから毎日二人で仲良く通学しております。
行ってしまえばほとんど幼稚園とメンツも変わらぬ少人数のクラス(23人)。
楽しいばかりです。
先生も若い体育会系のキレイな女性の先生。
小さくても男です。キレイな女性には弱いもんですw

初めての参観日が4月中旬にあり、土曜日だったので父さんとRも家族総出で参観しました。
はりきり過ぎだろ!ってくらい音読してるし、終始楽しいムードで安心しました。
保育園の子とうまくやっていけるだろうか心配もしたけどもうそんな心配も見守るだけです。
よほど深刻にならない限りは出て行けないし知るよしもない。
母さんも切り替えが必要だなと思います。

なんとか今年は役員も当たらず様子見しながらの一年になりそうです。


そしてRさん。
9月から年々少さんとして7か月通園していたおかげで4月からも変わらず絶好調で通園。
お兄ちゃんがいない事、自分らがちやほやされる小さいクラスではなくなった事、先生が違う事・・・
どんな理由で泣くかな?と思いきや全然泣かない!
お兄ちゃんがいなくても
R「お兄ちゃんはね、小学校行っとるけ」
とあっさり。
どうやら一番親しいお友達が同じクラスというのがよかったようです。
楽しくて仕方ない様子。
ほぅ、そりゃいいじゃん!

そして先日の参観日。
何も心配せず行ってみると・・・緊張してる。
あれ????そうなん?
全然自分を出せてません。
親しい友達ににっこりするのが精いっぱい。
驚いたと共に「安心しすぎてた!」とちょっぴり後悔。
まぁそりゃ今までより人数増えてるし新しい環境だもん、それは緊張するさ。
いきなり自分を出せる方がすごいよね。
これは今後の参観日での成長率が楽しみです。


二人それぞれのカラーの出た参観日でありました。
5月末には小学校の運動会です。
ただいま練習真っ最中。
ガンバレ~♪
[PR]
by akizakura666 | 2012-05-08 23:39 | 子供の子育て