秋桜模様

akizakura6.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トーマくんとトーリくん

まだRが寝ているのでもうひとネタ。
実は私生田斗真くんのファンです。
「魔王」で最初見た時は嵐の大野くんが素敵すぎてかすんでました。
しかし終わってみれば斗真くんの方が好きになってました。
今クールでは「魔女裁判」というドラマの主演。
前クールでは「voice」というドラマで準主演でした。
ジャニーズに惚れるとは私もベタだな。
っつーか24才だぞ!!
13も下。。。なんか謝っちゃう。ごめん、おばちゃんでw
しかもおばちゃんなのにお金持ってないわ(意味不明w)
こないだ堂本兄弟に出てて歌歌ってた。
歌もうまいし踊りもうまい。
すごいけどちょっと冷めた、そういうおかしなおばちゃんファンですw

もう一人注目してるのは「侍戦隊シンケンジャー」のレッド役、松坂桃李くん。
まつざかとおりくんと読みます。
めずらしい名前だよね。
まぁレッドが完璧なのはよくあるのですが今回は侍。
殺陣に弱いんよ、私。
かっこよすぎ。
黒髪なのもイイ。
いわゆる美形、美形してなくて男っぽい感じも好きだな。
180cm越えるモデルさんだから十分イケメンなんだけどね。
しかしこれまた21歳_| ̄|●
下手すりゃ17歳で産んだ子供だぞ!
はぁ~ため息が出ちゃう。

二人とも思い立ってバーッとファンになってるのである日突然冷めるかもしれないけど只今イチオシの二人です。
土日が楽しみだワン
[PR]
by akizakura666 | 2009-04-30 10:42 | 雑談

入園半月

4月は結局2回しか日記を書けず。
くぅ~
幼稚園が始まったら少しくらい自分の時間が・・・と思いきやRの昼寝は短いしそんなに満喫できず。
もっと書きたいのにな。
ネタが浮かんでは消えていってます、残念。

さて4/10の入園式から半月。
なんとか泣きながらもコウくん通園しております。
入園式では両親が一緒のせいかものすごい余裕で、名前を呼ばれた時も66名中1・2を争うくらいの大きな声で「はーい」と手まで挙げてお返事ができたのです。
すごく嬉しかった~
幸先いいじゃん!と思ったよ。
ビデオも回してたしね、父ちゃん。
さて午前保育が始まり通園になると・・・意外と平気そうに中に入っていきます。
お向かいの同級生Kくんが一緒だからか余裕です。
数日は帰りのお歩きも笑顔で先生と手をつなぎ帰ってきてました。
そして金曜日、朝のいってきますでなぜか涙が。
おいおいいきなりだね。
彼なりに我慢していたのが限界になったのでしょうか。
月曜日からは午後保育開始。
お弁当も始まりました。
男の子のお弁当だから気合いを入れるのをセーブしています。
普通が一番。
奇をてらうとブーイングくらいます。
だからいつもの梅干入りおにぎりに卵焼き~みたいなのです。
時々ゼリーをつけたりチーズを添えたりしてアレンジ。
おにぎりをウサギさんにしたら思ったより好評でした。
どっちなんだよ。。。

月曜日が終わると「今日はちょっと長かったよ」だそうです。
雲行きが怪しいなと思ったらやはり翌日からは門のところで泣いてます。
でも支度もちゃんとするし家を出る時も泣きません。
自分で歩いていきます。
でもいってらっしゃーいと別れるときだけがダメらしい。
別れ際に儀式みたいなの(ぎゅーとするとか)も考えたのですがやると出来なかった時が最悪。
Rも一緒だしたくさんの園児が一緒に門の前にいるので落ち着きません。
そこでしまじろうに頼んでみるw
「コウ!しまじろうからお手紙来たよ!」
私が書きましたw

コウくん、ようちえんにゅうえんおめでとう
がんばってかよっているときいたよ
ぼくもおかあさんやハナちゃん(妹)がようちえんにはいなくてさみしいけど
がんばっているよ
コウくんもいっしょにがんばろう
しまじろうより

結構効いたようでした。
その瞬間はね。
でも朝幼稚園の前になるとすべて忘れるようです(^^;
頑張って泣かなかったら美味しいもの食べに行こうと言っても無理。
とりあえず今日は抱っこ作戦にしました。
いつもRを抱っこひもで連れていくので今日はベビーカーに変えコウを片手で抱っこ(パワフルw)
「抱っこしようか?」と声をかけると嬉しそうだったのでして欲しかったんだろうて。
少し歩くと同じ学年の女の子(顔見知り)に出会いました。
「ここで降りるわ」
おっ恥ずかしいって気持ちになったか、エライ!
そしたらその先でKくんが車で通園中でママが乗せてくれるって。
いさんで乗っていきました。
しかし見えなくなるまで後ろを見ている。。。んー今日はどうだったんだろ。
あとで聞いてみよう。

午後保育が1週間あってその最後の金曜日が参観日でした。
これがまた大荒れで。
タイミングが悪いんだろうね、せっかく慣れてるところに親が現れるから。
見たい気はするけど居ない方がいいみたい。
一緒に居る間はよかったのに親だけの役員決めになると今まで見たことないくらいわーわー泣いて
「いやー、外行かない」
とたった一人で大騒ぎ。
結局静かに私の足元でブロックしてました。
散々大泣きして家に帰ると生協が来ていました。
いつものKくん家にダッシュ。
おいおい、今まで泣いてた人が大喜びでおもちゃで遊んでるで。
呆れて言葉が出ませんでした。
私はものすごい疲れたよ。
抱っこひもで抱っこしてるRは眠いと大声をあげて騒ぐし、コウはみんなと一緒に外へ行かず「トイレ~」とか言うし。
散々な参観日だったよ。
なんかがっかり。
でも先輩ママから「参観日ってそういうもんよ、親がおったらダメダメ」って。
泣いてる子もちらほら居たし、そうなんだろうな。
先生と子供たちのエリアなんだ、そっと見守るのが一番だ。
マジックミラーとかかねw
別に心配とかは思ったよりしてないんだけどコウ自身の報告が拙いので何が本当で何が妄想なのやら・・・
ねほりはほり聞くのもなんだしな。
れんらくちょうにいろいろ書くのもうざい母親だし。
先生が学校卒業したばかりの新任先生です。
コウは嬉しいようで「まりこ先生好きよ」と家でもしきりです。
よかよか、何か楽しいことを見つけるのだ。
泣いて下を向いててもダメだ、顔を上げて回りを見ろ、きっと楽しいさ!
それしか今は言えません。
がんばれ~コウ!
そして私w
[PR]
by akizakura666 | 2009-04-30 10:35 | 子供の子育て

読書

いよいよ幼稚園生活が始まっております。
それについてはまた後日報告いたします。

今回は3月の病気回復後~今までのお話を書きます。
二人の子供たちも親もすっかり回復し通常生活に戻りました。
治ってしまえば何だったの?ってくらい元気。
そして騒がしい毎日も復活です。
大きな病気で大きな収穫(トイレでうんち達成)があったので私的には気分は上々でした。
「幼稚園までぎりぎり間に合ったわ♪」なんてね。
2月に体験入園した際、先生から「なるべく自分でいろいろできるように練習しておいてください」といわれていました。
なので残り1ヶ月は目標を立ててゆるーく頑張る予定でいました。
それもわりと順調で
・着替え
・弁当
・生活リズムの改善(早寝早起き)
・トイレ
は概ねクリアできていました。
弁当というのは私の練習も含めました。
どのくらい食べれるのか、何が食べやすくどうやったら食べづらいか、ひっくりかえさないか、弁当グッズは使いやすいかetc・・・
その他集団生活についても普段の生活の折りに触れて説明していました。
例えばRが遊んでるものや私が見ているものを黙って取り上げたりしたら→ちゃんと口で「貸して」と言ってからじゃないとケンカになるよ、ってな具合に。
そういう生活を続けていたらなんだか月の終わりごろから疲れてきた。
そしてコウとの衝突も増えてきた。
何回これ説明した?
ちゃんと伝わってないのかな?
イライラ。。。
今回はついにかわいく思えないという寸前までいった。
これはイカン、そんな時の鉄則『読書』です。

『男の子ってどうしてこうなの?~まっとうに育つ九つのポイント~』/スティーブ・ビダルフ
訳した本なので心してかかりましたw
確かm&mさんに薦められてたよね?
今回は自らを律するのではなく敵を知る戦法でw

内容は0~6才では母親の、6~14才では父親の、14才~成人になる時にはその他の誰かの影響を強く受けるのだそうです。
どちらかというと6才以降からの難しい時期といわれる世代へ向けた本な気はしました。
また読み直す必要がありそうです。
とりあえず該当する0~6才児を持つ私。
しっかり甘えさせましょうと。。。やっぱりそういうもんなんだな。
しかも男の子は3才までは女の子より親元を離れない方がいいらしい。
男の子のほうがナイーブといわれるしなぁ。
なんとかそこはクリアできた。
そして父親の存在の大きさについても書かれていた。
成長の段階で父親がどれだけ関わっているかがはっきり出るようだ。
うむ、これまた今のところクリア。
これからも順調に進めますように。
驚いた点は「思春期に実際耳がきこえにくい時期がある」ということ。
話を聞いてないんじゃなくて聞こえないって!
全員じゃないけどそういう男性特有の成長期の異変ってのがあるらしい。
おいおい、知らねーよ。
ただでさえ男の兄弟いないからわからんっつーのに。
そういう不安もあったんだよね。
これから幼稚園がスタートし、コウの社会生活のサポートが私にできるのか?
まぁわからんなりにもやるしかないんだけど。
また、新生活には不安はつきものだしね。
その不安が衝突につながたのかもしれない。
今思うとここ最近の衝突は自然とべったりが限界の時期に入った証拠だったのかもしれません。
離れる時期だよーって。
決め事として幼稚園が始まるのではなく成長とそれが一致してスムーズに流れているのはよかったと思います。
これからもその「流れに身を任せるスタイル」でいこう。
男の子だから、自分とは違う生き物だから、と思っていた方が変化についていきやすいしね。
ふつつかな母親ですが一歩一歩コウとともに歩いていきますよ^-^
[PR]
by akizakura666 | 2009-04-15 06:19 | 子供の子育て

知る楽~こだわり人物伝~

NHKの教育で主にやってる番組です。
4月が『こだわり人物伝』で私の(我等が、ではなく勝手に私物化w)閣下がナビゲーター。
内容はもちろん相撲。
横綱の品格について4名の歴史に残る偉大な横綱をピックアップして語る、というもの。
「へぇ~、そんなの閣下がやるんだ」くらいに考えてたら甘かった!
これがものすごい面白い!!!!
完全に私の目線での感想ですがw
私が相撲を見てるのってたかだかここ20年弱です。
だから昔の力士や相撲について知りたいなとは常々思っていました。
それがなんと閣下にレクチャーしてもらえるのだからこれは願ったり叶ったり。
全4回で今日が3回目。
楽しみ~(≧▽≦)
いちおう書いておくと
1回目:栃錦
2回目:谷風
3回目:常陸山
4回目:双葉山
という横綱です。
ごめんなさい、双葉山しか知らなかったw
しかも知ってるってだけでどんな人か、相撲だったのかも知りません。
ただ出てくる写真の姿はすごく綺麗だという印象でした。
この番組はテキストがあるんだけど買ってよかった。
放送では閣下の言葉で聞け、テキストでは繰り返し閣下の文章で読める。
あー、もっともっと知りたい~!!!
でもこれってすごい時間と手間かかってるわ。
いつか「今原稿書いてる」って言われてたことがあったけどこれだったのかなぁ?
文章から閣下の相撲に対する造詣の深さと膨大な知識量が伺えます。
谷風ひとつとっても、相撲の歴史上初代の横綱といえば明石志賀の助(あかししがのすけ)と言われているが実は本当に綱を締めて横綱と認められたのはこの谷風が最初、とか。
ん?この絵の力士(谷風)見覚えが・・・あっ!ウチにある相撲座布団に・・・あった!居たw
谷風もいるしそのライバルと言われた小野川まで居るじゃん。
もっと大事にしなきゃこの座布団(おいっ)

3月で終了してしまった情報番組で閣下が外国人力士の教育について話をふられて
「我輩が先生やろうか?」
って冗談っぽく言われてたけどデキるわ、マジで。
簡単に『品格』とよく言われるけどさて何ぞや?という疑問に明確な答えを出してあるこの番組。
すげーよ、さすが世界に配信してるだけあるw

さ、今日もデーモン先生の相撲講義の授業に出てこーよおっと。
わーい(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)
[PR]
by akizakura666 | 2009-04-15 05:36 | 相撲LOVE