秋桜模様

akizakura6.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年のR

次にR。

お誕生日8/31を過ぎて数週間で歩くようになりました。
千鳥足で歩く姿に癒されます。
お外も大好きで石や砂をがんがん口に入れてます(>_<)
昨日はどんぐりまで・・・リスか!

少しずつ性格も見え隠れしてきました。
「それはダメよ、こっちにしよう」
というと意外と聞いてくれます。
今だけかw
っていうか言葉がわかってるのがすごくね?
雰囲気を察しているのか?
女の子は空気を読むのが小さい頃から出来てんの?

「いってきます」というと「ばー」(ばいばい)と手を振ったり、
ご飯ができてみんなを呼ぶと一番にイスの下に陣取り手を合わせて「んまっ」。
調子がいいと目を手で覆いながら「んにゃ、んにゃ、んにゃ・・・ばー!」といないいないばぁをする時もあり。

じいちゃんばあちゃんにも慣れてきました。
じいちゃんと仲良くなったのが最近のコウとは別人w
じいちゃんも忙しくなってきました。

テレビが大好きで音楽がなると身体を動かして踊ります。
体操もよくやっているし今後が楽しみです。
絵本も好きで、まずは本棚からだーっと出す遊びに始まり、好きなのを選んで読んでくれそうな人に手渡し。
無言で渡すのがおっかしーw
「はい、あなた読んで」ってな感じ。
しかも読み終わったら泣くw
だって終わったんだもん、仕方ないじゃん。
でもそれじゃ納得しない。
そこから100本ノック。
エンドレスに読まされます。
3回も読めば飽きるよね、こっちが。
終わると同時に別の本を準備して「こっちにしよっか」と変えてみる。
それはそれでいいらしい。
でもしばらくすると戻る(>_<)
厳しいです。

食べることも大好き。
さすがは女の子。
産まれた時から違ったもんねアナタ。
乳飲まなかったコウと最初からガンガンのR。
そのせいかRは風邪を引いても治りがいい気がする。
それでも1才だもん、気をつけてやんなきゃです。
特にインフルエンザは全く免疫なし。
怖いよ~
とりあえず昨日一回目が終了。
MR予防接種(1歳になったらすぐ受けた方がいいもの)もまだだけどこっちを優先しました。
新型も12月に始まる予定だしね。
順調にいけば1月中旬には新型も打ち終われる。
それまで耐えろ!

生後3ヶ月から行ってる子育てサークルを冬の間お休みすることにしました。
みんな迷ってて私も残念なんだけど。
12月はクリスマス会もあるしね。
それでも楽しいはずのサークルが蔓延のきっかけになってしまったら元も子もない。
連れてった自分を責めるくらいならきっぱりと、と決断しました。
まだ来年も再来年もあるしね。

下の子って上の子に合わせて何かをしなきゃいけない場面が多いです。
昼寝しててもお迎えの時間で起こされたりとか。
そういうのを小さい頃からやってるから「人に合わせる」ことに慣れていくんだろうな、なんて最近思います。
上の子って自分だけの時間が最初にあったから「合わせる」必要がないんだもんね。
必然的に下の子は強くなるのかねぇ、なんて。
そんなことを思う上の子秋桜なのでした。
[PR]
by akizakura666 | 2009-11-07 07:07 | 子供の子育て

今年のコウ

あまり近況が書けてないのでここでまとめて書きます。

まずコウ。
幼稚園に入ってから3ヶ月は慣れないのもあって泣く朝が多かった。
それでも支度をして歩くまではするんだからエライよ。
でも園が近づくと足取りが重くなり「いってらっしゃい」で涙、のパターンが続いた。
夏休み直前あたりからお友達が出来てそれから余裕が出てきた感じ。
先生との信頼関係も築けたんだろうて。
夏休み明けてからも少し泣いてる日もあった。
それでも頑張って運動会の練習を積みました。
かけっこは年少3組で背の順に並び、その横一列3人もしくは4人で走る。
練習では1番の日が多かったらしい(本人談)
さて本番は?
よーい、ピッ!
コウくんフライング気味、その自分に迷いが出て戻ろうとして止まる、そのまま先生のストップがなかったので母ちゃん叫ぶ「行け!コウ。そのまま走れ!」
無事1着♪
これが自信につながったようです。
ホッ

園生活はそれなりに楽しいようでよかった。
お友達も固定はあまりないけどうまくやれてるようだ。
多少気になる点もあるけど先生と話しやすいし親身な先生なので助かる。

あとは体調だわ(>_<)
3月、4~6月、9~10月とほとんどの月で通院。
夏休みの間だけ行ってないってまさに幼稚園でもらってる!って感じでしょ。
それに伴いRも罹るからねぇ。
少しずつ強くなれてるんだろうけど男の子は弱いというから怖いよ。
食べることは嫌いじゃないんだけど食が細いんだよねぇ。
がっつりご飯食べる!ってできないらしい。
時々「おっ!男子だねぇ」と思うと病気しちゃってやせる、の繰り返し。
少しは見習わなきゃってくらいだ(爆)
身長98cm、体重14kg。
4歳なんだけどねぇ。
前から2番目だし。
身長はそこそこ伸びてきてるからいんだけど体重増やして欲しいわ。
大きくなったら「おいおいまだ食べるの?」ってくらいになってくるんだろうけどさ。

好きなものは今年も「闘い」。
シンケンジャーや仮面ライダー、ウルトラマン、レスキューファイヤー・・・年少さんはお迎えに行くとみんなハマッてる様子が伺えます。
そういうお年頃なのね。
それに追加してゲゲゲの鬼太郎、怪談レストランなど怖い系も怖がりながら気になる存在。
ふふふ

兄としてもなかなか面倒見がよいです。
おもちゃを取られたり邪魔されたりする機会も増えたけどよっぽど機嫌が悪くない限りは譲ってあげてる。
「何かをしてあげる」のが好きらしい。
年中さん以降が楽しみだね。

そうそう!
4歳にして女の子とお手紙交換してるんです。
やりおるな、コウ。
っていうかこの年齢で可愛い子ってわかってるんだよね(^^;
「○○ちゃんと▲▲ちゃんと☆☆ちゃん、誰と遊ぶか決めるの大変なんよ。」
などとほざいておる。
おいおい、誇大表現なんじゃないの?(←疑いの目)
しかも全員可愛い子なんだよね。
あのー、そういう基準で決めない方がいいのでは・・・まぁいっけど。
でもやっぱりその女の子らと話してみるとコウと合う子なようです。
激しすぎないというか(^^;
ちゃきちゃきしてるんだけど攻撃的な感じではなく、ちょっとコウが他の男の子にたたかれたりしようものなら守ってくれるタイプ。
(^m^)
コウと同じ年の女の子が何を好きかとかわかんないからレターセットとかシールとか女の子ものをせっせと準備する母。
だって広告の裏とかで手紙書こうとするんだよ!おいっ迷惑だから
字を書くのが好きなようで頑張ってるけどとりあえず読めないとまずいので母の代筆を横につけたりしてる。

運動会でその子のお母さんとも話したけど気さくな方でよかった。
それでもママ友との距離って難しいからなぁ。
子供中心でいかないといけない。
お母さん同士が仲良くても子供がそうでもなかったり、逆もあり。
この辺が来年に向けて私が成長していくポイントかなぁ。

年末は毎年いろんな病気するから今年も気合い入れて手洗い・うがい・除菌を心がけます!
頑張ろう♪
[PR]
by akizakura666 | 2009-11-07 06:42 | 子供の子育て

人間ドック体験記

もう一つ。

9月14日。
初めての人間ドックへ行きました。
本格的にやるのは初めてです。
会社員の頃から言うと6年ぶりの健康診断。
まぁその間に二人子供を産んでて血液検査や子宮がん検診はやってるのであまり気負いせず受けました。

もちろん旦那の会社の健康保険組合から助成があるという話で受けました。
たくさんの機関があるのでそっから自分でチョイス。
私が選んだのは病院じゃなくてドックを専門にやってるとこ。
さらにおまけでランチ券がついてるとこ!
嫌な思いするんだもん、ただじゃ起きませんぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

グランドタワーといういつもは絶対行かない小奇麗な建物内にあります。
検査着に着替え、コトはたんたんと進みます。
さすがだね。
標準コースに乳がん検診もオプションでつけました。
初めてのマンモグラフィー。
感想は・・・「へっちゃらよぉ」
産後のおっぱいマッサージを越えた私にゃひっぱってつぶすくらい一瞬さ。
あの拷問でいつまで続くかわかんない痛みに耐えたのじゃ、平気平気!
産んだら無敵、その通り!

久しぶりの検便。。。
キットが進化していて関心しました。

バリウムも久々~。
あまり進化していませんでした。
気持ち悪かった~
しかも下剤が強力でかなり焦りました(>_<)

終わった後もうこの場所へわざわざ来る時間もないのですぐにランチ券を使いイタリアンランチをガン食い。
だって前日の夜9時から食べてないんだから!
ビストロスマップのようにドルチェが横に並んでお皿に盛ってあった。しあわせ~♪
・・・でもこの時間が余計だったようで・・・検査が終わったらすぐ家に帰りましょう。
下剤入ってますからw

最後に診察があったのが怖かった。
なんか合格発表並みに緊張した。
先生の話口調もしゃきっとしないのが余計不安になるのさ。
「ええっとこれは・・・○○で・・・もし悪いのなら▲▲で・・・」
だから私の場合はどうなのさ!先にはっきり言うとくれ!
それは肝臓でした。
白い影がありました。
それは良性の血管腫だろうとのこと。
もし悪性の腫瘍(がん)であれば2センチは大きいので治療になると。
がん???おいおい。
違うんだよね?

肺のレントゲンの時も
「以前何か言われたことは?」
え?何か写ってんの??
「ないです」
「そうですか」
おーい、何かあるんなら言うとくれ!!
結論は何もないらしい。

心電図も少し乱れてるけど問題ないと。
気になった貧血も正常。
やれやれでした。

それから半月。
結果が届きました。
中から「紹介状」が。
え???
「要精密検査」
おーい、ヤバいぞー。

焦った焦った。
翌日早速市民病院を受診。
これまた初めてのCT検査。
造影剤を点滴で投与。
うわ~医療秘書で習ったやつだ。
加算されるヤツだw
「身体が熱くなりますから」
熱い熱い、怖いのぉ。
検査費用も怖いよ、1万円越え(>_<)
結果がわかるまでこれまた半月です。

この間の長いこと!
「これで悪かったらガン治療が始まるんかな?」
「え?こんな元気なのにガン患者?」
「数年しか生きられなかったらどうしよ?二人の成長見れないの?」
「この子たちが母親いなかったらどれほどかわいそうだろう」
ええいっ!
どうせ闘うなら闘ってやる、早く結果を教えてくれ。
・・・結果・・・「血管腫ですね。問題ないです」
ふぁああああ、力抜ける~~~
よかったぁ。
成長見ていいんだね、私。

いい経験しました。
こんな気持ちなんだね、待つのって。
どこか他人事で進んでいくっていうかさ。
いや~肝を冷やしました。
健康万歳w
秋って調子いいんだよね、私。
この後はむやみに運動しちゃう私になりましたとさ。

あ、言い忘れました。
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が高めとも診断されました。
野菜不足と運動不足。
思い当たるふしがありすぎw
即座に見直して家族全員の健康的な食事へと改善しております。
調子よければ半年で効果が出るとか。
朝ごはんも和食にしたり魚を積極的に摂取したり前向きに取り組む毎日です。
しかし看病の時は無理でした。
また再開するです。
[PR]
by akizakura666 | 2009-11-02 23:45 | 雑談

時間ができたので看病録

父さんのご好意により一人の時間ができたので久しぶりの日記。

まずは今回の看病録から。
先々週ぐらいから幼稚園で年中さんが学級閉鎖になるくらいインフルエンザが流行ってきた。
いよいよ山の上にもやってきた(^^;

あまりコウが年中さんと接触があるわけじゃないけど園で何やってるか詳しくはわかんないからね。
日に日に増える罹患者に恐れおののいていました。
しかもテレビでは低年齢の死亡例を挙げてあおられる。
男の子が確立高いなんて言うし(T^T)

そんな月曜日。
朝からコウが咳を始めた。
半月くらいは咳がおさまっていたのに。またか。
(夏休みが明けてから数週間ごとに風邪をひき咳が出ている)

普通なら咳程度で熱がなけりゃ幼稚園へ行かすところだけど、幼稚園がそんな様子だから大事をとってお休みした。
翌日も朝から熱はないがかなり咳き込むのでお休み。
なんかイヤな予感したのよね。
案の定午後から発熱。
しかも急に発熱。
36.5→38℃ってくらい!!

インフルエンザに子供が罹ったお母さんの証言によると「平熱から始まる→急に高熱」だったとか。
∑( ̄□ ̄;)
夜勤前で寝てる父ちゃんを叩き起こしてRを預け、即小児科へ!
そしたら早すぎて(熱が上がって3時間しか経ってない)検査してもわからんって_| ̄|●
それでも病院で既に40℃!
顔も赤くなり朦朧とした感じ。
実は私、インフルエンザに罹ったことないから余計不安なんだよね。
とりあえずタミフルと普通の抗生剤を処方され帰宅。

んーなんだか新聞で読んだケースに似てるぞ。
「新型インフルエンザで亡くなった」っていうケースにさ。
怖いよ!!!
「その後家で痙攣して・・・」なんて書いてあったな、覚悟しないと。

帰って早速初めてのタミフル。
危険な行動をするかもしれないのでしっかり監視をって。
どんなだよ!!
今思い返すとうわごとを言っていたくらいか?
でもそれって熱が出りゃそんなもんかもしれないし、ただの寝言の可能性も。。。わからんっ!

タミフルはよく効くと聞いていたのだけど熱が下がらない。
翌日検査の為再度受診。
鼻ぐりぐり。
絶対泣くぞと思ったら耐えた、エライじゃん。
かなり咳をしていたので吸入(薬を吸って身体の酸素量を増やす治療)をして結果待ち。
結果はインフルエンザじゃなーい。
なんだかホッとした。
これから全員感染か?と気が重かったしね。
しかし症状が重いのは変わらないのだから看病は続く。
「インフルエンザじゃなくてこれだけ高熱が出るのはRSウイルスじゃろうね」
ふむ~
どうやらコウもRも気管支が弱く気管支炎になりやすいらしい。
季節の変わり目とか特に。
早期産(1ヶ月早く生まれた)だったことも影響あるかもしれないそうだ。

発熱して二日目のこの日も熱は39℃後半。
今年の3月に熱性痙攣を起こした時は熱を下げようと坐薬を入れた途端始まった。
だから両親ともに坐薬が怖いからなるべく使いたくない。
さらには「熱が上がっているのは免疫がついている最中だから寝られないなどの特別な理由がない限りむやみに下げない方が良い」と小児科本で学んだのだ。

初日に小児科の先生が当然のように
「坐薬入れますか?」
と言われ迷っていると看護師さんがやってくれました。
痙攣なし!ヨシッ!
もししても病院内だしねw
これで熱性痙攣が繰り返すタイプの子じゃないことが確定。
よかったよぉ。
(まぁ油断はできんけど)

三日目には熱が38℃台にまで下がり後は咳が軽くなるのを待つだけ。
咳ってしつこいよねぇ。
数日吸入に通いました。
なぜってRにも移ったので_| ̄|●
しかしRちゃん、熱が出ませんでした。
すげーじゃん。
咳がひどくて鼻水が出るだけ。
それだけでも私は幸いです。
今もまだ咳と鼻水はあるけど薬飲んで療養中。
コウは今日から幼稚園に行けるほどに回復しました。

今回本当に看病ってツライなと思いました。
そりゃ当の本人が一番ツライんだろうけど。
目の前で熱にうなされ、眠りも浅くゼーゼー言いながら闘ってる。
仰向けになるとしんどから布団を積んでうつぶせにしてみたり、抱っこしてみたり。
少し食べた夕食が戻ってきて吐きそうになるのをこらえて暴れるコウ。
バケツやゲロ袋を持って追っかけたり、ひっ捕まえて背中をさすったり。
Rも咳をし始めたら二人をさすりながら夜中じゅう起きてないといけない。
よくもまぁ自分が移んなかったと驚いたよ。
あ、でも今少し移ってるかw
強く産んでもらったことを本当に感謝。
そしてこうして元気で大きくなれたのもありがたいし奇跡的なんだと実感した。

怖くてテレビが消せなかった。
暗闇になったらコウの顔が見えない気がした。
「このまま起きなかったらどうしよ?」
「ビクッてなった、痙攣?」
「脳症だったらどうしよ?死んじゃったらどうしよ?」
「水分取れてるのかなぁ。寝てるしどのタイミングで飲ませる?」
「まださっきから10分しか経ってない。朝まであと何時間?」
「ずっと見すぎなのかなぁ。もっと放っておいても大丈夫なんだろうか?」
「熱いなぁ。怖くて熱計れないよ」
いろんな葛藤がありました。

これからもインフルエンザを始めいろんな菌との闘いは続きます。
秋の行楽も全くなく、祭りも中止、外出も控えてるし、今日行くはずだったライブも自粛。
本当に悲しい秋です。
世の看病を続けるすべての人に・・・「お疲れ様です!」
早く安心して遊べる世の中になって欲しいです。
[PR]
by akizakura666 | 2009-11-02 23:14 | 子供の子育て

いっぱいありすぎ

あぁ10月全然書けなかった。
いろいろネタあったのに。

とりあえず今はコウの風邪が治ってよかった。
RSウイルスやて、何者やねん!!
元々弱い気管支をやられ気管支炎。
Rもです。
コウは41℃の熱にうなされた。
怖かった、本当に怖かった。
あっちに連れてかないで!って夜中に一人で祈り続けた。
最初の診断でインフルエンザの疑いがあったから。
「大げさな…」なんて今だから思うけど初めてのタミフル•吐きそうなほど苦しむ咳•うわごとも繰り返して呼吸も荒い。
何とかしようにも手がない。
以前熱冷ましの座薬入れて痙攣したし…

病気して強くなる、とは簡単に言えるもんじゃない。
自分の健康にも深く感謝。

今年はこんなんばっかりだ。
病院行かない月が少ないよ。

私も人間ドック行って再検査したし。
肝臓に影が!…しかしただの血管腫(血管の集まり)
あー驚いた!

父さんも来月手術だし。
(持病の治療のため)


来年は健康な年にしたいっす。
[PR]
by akizakura666 | 2009-11-02 13:23 | 雑談