秋桜模様

akizakura6.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新年一回目

あけましておめでとうございます。
ってもう12日ですが(汗

今年の年始は母の70歳誕生日を祝う会をやりました。
古希らしい。
話題はやっぱり今年長年滞っていた自宅が立ち退きのため新築すること。
母にとっては初めての新しい家です。
いろいろもめてはいるみたいだけど楽しく一年過ごしてもらって来年の年始にはみんなで新居で乾杯ぢゃ!!


それはともかく今日はどうしても書きたい事があるのです。
閣下の琴田宮騒動
知らない人は記事を読んでみてね。

まず放送を見ていて思った事から。
相撲中継を変えようと新しい試みをして、それに閣下を呼んでくれたのは本当にうれしい。
クソ忙しい中閣下が出演した理由も閣下(新しい試み大好き)をよく知る人なら納得でしょう。
それなのに放送中司会のアナウンサーが
「いつもの放送より騒々しい放送になっていてすみません」
って何度も言うって失礼じゃない?
自分の局が発案してそれに乗っかって真面目に良いものを作ろうとしてる方たちはどうなるんだ?
確かにNHKは民放とは立場が違うから発言も気をつけてって思うのは当然だよ。
だけど目の前に出演者がいるのにそれを何度も言うのってひどいと思います。
さすがの閣下も三回目には「なんでそんなに・・・」って最後は言葉を飲み込んでたけど絶対気を悪くしてるはず。

それから話題になっている元大関・琴光喜を今年中に十両の下くらいから復帰させてもいいのでは?の意見について。
私はそれもありだと思うし閣下の意見は個悪魔の意見としてそれはそれでいいと思います。
NHKで発言したのも別にかまわないと思うし。
琴光喜のした事の真相がどうで実際解雇されるほどのものかは判断できないけど、もし見せしめのように琴光喜だけを解雇して事を治めようとしているのならそれは問題があると思います。

最後に、今回の試みに対して「ふざけている」「本場所中に緊張感がない」「ばかにしている」などの意見が親方や力士の中で出ている事について。
新しい事やろうとすると非難って絶対出るよね。
それでも私は今回のがふざけているとは全く思わなかったよ。
現に親方二人(音羽山親方と大鳴戸親方)のお話は大変興味深かった〜。
土俵にあるくぼみに足の親指を引っかける、とかホントに土俵に上がってるからこそわかる話を聞かせてもらえるって貴重だよ。
しかも話し方っていうのも重要で、口べたな力士や親方って多いからそんな中おもしろおかしく話が出来るっていうのも貴重。
音羽山さんなんて飄々としていてちょっと聞くとふざけてんなぁって感じる部分もあるけどあれだけ分析したり解説したりするのって絶対難しいよ。
緊張感って相撲とってる側からはあると思うけど見てる方はさほどありゃしない。
面白い取り組みだってことが何より重要なんだ。
いい相撲を取ろうっていうのに緊張感さえ持ってればインタビュールームが騒ごうがどうしようが関係ないじゃん。

だいたい閣下を表面的にしか評価せずに長い事国技館から寄せ付けないようにしていて、困ったら数字取れる閣下を呼んで都合よく使おうなんて虫がいい。
閣下だってそれをわかっていて呼んでもらえるようになったから最初から好きな事をしゃべりまくるなんてしなかった。
私が見ていても「あぁ公式コメントだな」と思うようないわば「おりこうさんなコメント」をしていた。
それが自分の意見を述べた途端にこんな騒動にって。。。大げさだよ。
結局NHKが閣下を受け入れるか否かはわかんないけどこれからも閣下は閣下を貫いていくはずだし、私はそんな閣下をこれからも応援する。
でも苦情なんて全然出てないみたいだし騒いでるほど視聴者は波風立ってないよw

それにだいたい閣下は最近相撲の業界関係者になりすぎちゃって純粋に相撲が楽しめなくなってる。
その証拠にこの日の放送でも「国技館に居て相撲をすぐそこでやってるのに生で見れないって。近くで見たいなぁ」ってつぶやいてたもん。
これを機会に普通の好角家に戻りますってのもアリさね。
[PR]
by akizakura666 | 2011-01-12 14:26 | Respect 聖飢魔II